あいいろ的マビ生活

疲れ目に優しい色合いでお届けするエリンの日常

マフィアにはなれませんでした

昨夜は 夕方INした直後に
先ほどフレンド締結させていただいた美女(前々記事参照)からの召集…Σ(゚ω゚)

怒涛のエリート3連チャンからの止めにエリート硫黄クモ!
ミレシアンてこんなに頑張るもんなのだのぅ!(めもめも)とか思ったのですが

もしやこれ FLC会員様の集まりか! Σ(´Д`*)

という遅すぎる理解…(笑)
毎日こんなに戦ってるのかー
そりゃ戦闘効率も重視するよね 納得です(うんうん)



ぱーちーに向かう面々をお見送りし
イモ掘りしつつ世間話しとったら マフィアのお誘いを受けました
やったことないけどマフィアも人狼も絶対苦手だ(自覚アリ)
でも行くー (((>ω<)ノノ

無題1

Σ 超大所帯でした なんだこの集まりは(爆笑)

挨拶もそこそこに、16人ずつのフルメンバーで2組に分かれて開始です

無題2

あいいろの画面のちっこさがよくわかっていただけるのではないかと…lω・)プププ

全員が振り分けられた役柄(画面左下参照)にもとづいて行動します
市民・警察(?)・霊媒師・医者・変質者・マフィア に分かれているのですが

この中からマフィアを見つけ出して全員処刑する
     or
マフィア(だけ?)が生き残る


まで終わらないゲーム

☆昼のターン
全員で会話をし市民勢はマフィアを探します
マフィアは見つからないようにしつつ、優位に立つため役職についている人間を探します
変質者は市民ながらマフィアの味方なので、マフィアが見つからないよう協力します
制限時間が過ぎるor意見がまとまったら 『投票要請』を押して準備
『処刑する人を決めてください』画面が出るので、マフィアだと思う人に投票します
多数決の結果 選ばれてしまった人は最後の弁明をし
最終的に処刑するか否かも多数決で決定…
☆夜のターン
処刑に賛成した人が多い場合、その方は問答無用で処刑(ちーん)
警察は生存プレイヤーから一人選んで調べ、その人の役職を知ることができます
霊媒師は、処刑された人の役職を調べることができます
マフィアは(多分マフィア同士で相談して)プレイヤーを一人殺害することができます
医者は生存プレイヤーを一人だけ守ることができます
(守られたプレイヤーをマフィアは殺害することができません)

これをどんどん繰り返していくことになります



今回は あいいろともうお一方が初体験ということもあり
警察さんが最初から名乗りを上げて説明しつつの半分談合のような運びとなりました

善良な牛ですアピールが怪しかったのか
発言直後に調べられてしまったのは秘密…(笑)



終了後 もう1チームの方も見学できるよーとのことでいそいそと。

無題4
観覧者は全員なにかしらの生物に強制変身です

殺害されてしまった方々や観覧者は 黄色い線の辺りから中にはすすめません
プレイヤー達の会話は聞こえるものの、そちらと話すこともできません
殺害された皆様と観覧者だけが話せるチャットが別窓で出てきます

こちらのチームは本格仕様のマフィアゲームを楽しんでおり
緊迫した空気に包まれておりました…
こんな駆け引きあいいろには無理だってー(汗)



終了した時にはもう日付変わってたよね(笑)
2時間超の大接戦でございます(>ω<)

頭でわかっていても体験してみるのとはまた大違い
何事も足を突っ込んでみるもんです(笑)
貴重な経験ありがとうございました♪
 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment